恋愛が上手くいかない最大のマインドとは

【化粧水を塗るときのマインド】

こちらの記事で
「被害者マインドは化粧水を塗るときには邪魔っけだよ~」
というようなことを書いていますが

今回の記事では、被害者マインドが恋愛にどう影響するのか
ということをメインに書いていこうと思います。

 

この記事は

  • いつもパートナーに尽くしてばかりいる
  • ダメな男に騙されることが多い
  • 自分も相手も幸せな恋愛がしたい

という方におススメです。

 

本記事のテーマ

恋愛が上手くいかない最大のマインド

 

 

被害者マインドとは

被害者マインドとは

 

【化粧水を塗るときのマインド】の記事で

お金や時間、手間をかけてスキンケアをしても、自分の満足のいく結果が得られなったとき
「雑誌で良いって言ってたから、これだけお金をかけたのに!騙された!」

「時間も手間もかけたのにこれだけしか効果がないの!?」

といったような思考になるのを被害者マインドといいます。

 

被害者マインドは

  • 自分はいつも周りに何か嫌なことをされていると感じる
  • 『ない』ことにフォーカスしている
  • 自分から何かを奪われたように感じる

といった特徴があります。

と説明しています。

 

何かをされたと感じ、自分が被害者であると考えてしまうマインドです。

 

ここで「あ、私のことだ」と思った方
被害者マインドがあることは何の問題でもありません。

人生の歩みを阻むものは被害者マインドではなく
そこから抜け出そうとしないことです。

今の人生のままが良いのであれば、そこから抜け出さなくてもいいのです。
被害者マインドが『悪い』わけではありません。
それもあなたの選択です。

 

 

 

被害者マインドだと恋愛はどうなる?

 

きっと先ほどの文章で、まだ被害者マインドでいたい人はブラウザバックしたことでしょう。
「ひどいことを言われた!」
「あの記事を書いた人、性格悪い!」
なんて思って。

 

さて
では、ここからが本題です。

 

被害者マインドだと恋愛はどうなるでしょう?

 

〇〇された

「冷たくされた」
「ひどいことをされた」
「嫌なことをされた」
「浮気された」
「奪われた」

と、何か不快なことをされたと感じることが起きます。

 

〇〇してくれない

または、逆に何かをしてくれないと不満を持つことも起きます。

「私の気持ちをわかってくれない」
「優しくしてくれない」
「嫌なことをやめてくれない」など。

 

被害者マインドだとどう感じているのか?

同じことを見ても、被害者マインドとそれ以外のマインドだと、感じ方が違ってきます。

 

例えば

仕事から先に帰ってきたあなたが、彼の分の夕飯も作っておきました。
一緒に食べようと思って彼の帰りを待っていたけれど、ぜんぜん帰ってこないし連絡もない。
いつもの時間より1時間遅く帰ってきた彼は、夕飯を外で食べてきたらしい。

 

こんなとき、被害者マインドだとどう感じるのか?

 

「せっかく作って待ってたのに!連絡もなく食べてくるなんて!!
何で一言も連絡をくれないの!?
作った料理も時間も無駄になった!
彼のために作っておいたのに、ひどい!」

こんな風に怒りや不満が出てきます。

なので、直接彼にその気持ちをぶつけるか、自分の中に押し込めて我慢するか、いつか爆発するか…
いずれにせよ、不快な感情がドロッと心の底に溜まります。

そんな状態で付き合い続けたらどうでしょう?

自分も相手も疲れやすくなると思いませんか?

だから、お付き合いが上手くいかないという結果になります。

 

 

さて、同じことを美肌マインドの人視点で見てみましょう。

(美肌マインドに関してはこちらの記事を参照してください→『化粧水を塗るときのマインド』

 

美肌マインドの人は、そもそも先に
「今日は私の方が早く帰ってきたから、夕飯作っておくね。
今日のメニューはオムライス!」
なんて、自分がすることを言っておくことでしょう。

なので、彼が何も言わずに夕飯を外で食べてくることがほとんどありません。

 

それでも、彼が連絡を見ていなかったなどの理由で、外で食べてきたら?

美肌マインドの人は、
「そんなこともあるよね。まぁ、作っておいたのは明日食べればいいか。」
というような思考になり、普通に自分の食事を始めます。

 

 

付き合う相手はどんな人になる?

向かい合う男女

被害者マインドだと、自分が『被害者』になれる相手を無意識に選んでしまいます。

  • 話を聞いてくれない
  • ワガママで疲れる
  • 理不尽

なんて相手だったりします。

 

で、とあるタイプの人は、相手がめちゃくちゃヒドイ人になります。
多額のお金を要求してきたり、浮気したり、暴力をふるってきたり…
付き合う前はそんなことなかったのに、付き合ってから豹変した!なんてパターンもよくあります。

 

そんな『とあるタイプ』とは…

 

『自分の被害度とメリットが比例しているタイプ』

 

「はぁ?」と思われるかもしれませんが、その人にとっては被害者になることにもメリットがあるんです。

例えば、
「こんなひどいことをされた!!だから相手が悔しがるくらいイイ女になってやる!」
みたいな感じで、被害者になることでそれをバネに成長するというメリットがある人もいます。

この世界に生きていること実感するために、被害者になる人もいます。

メリットは人それぞれです。

 

で、自分が被害を受ければ受けるほど、そのメリットを得られる
というタイプの人は、より大きな被害を受ける傾向にあります。

 

「ダメ男とばかり付き合ってしまう」
「付き合う相手がどんどんダメな人になってしまう」
というような方は、自分が被害者マインドになってないか意識してみましょう。

 

関連記事

  1. 【徹底解説】恋するとキレイになる人とならない人の違いとは?

  2. パートナーに甘えるときの言い方

  3. 我慢上手は恋愛上手になる可能性大!?

  4. 運命の相手は会った瞬間にわかる?

  5. 「自分を好きになるって難しい」という人へ

  6. 相性を変える方法

    肌をこすってしまう人の思考パターン

  7. 周りから好かれる人になる方法

  8. メンタルの状態が体に出るって本当です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事