美容のプロが教える【敏感肌におすすめの洗顔料】

「スキンケアをしているのに乾燥するし敏感肌だし大変!」
「洗顔した直後からカサカサする」
「たくさん洗顔料があるから何を使ったらいいのかわからない」
「敏感肌を改善するための洗顔料が知りたい!」

という声にお答えして

敏感肌におすすめの洗顔料をお伝えしようかと思います。

 

この記事では
乾燥肌や敏感肌を改善するのに役立つ洗顔料と、洗顔料を選ぶ基準について解説していきます。

 

洗顔料を選ぶ基準

いきなり洗顔の常識をぶっ壊すかもしれませんが…

洗顔料は洗浄力の低さで選びます。

 

洗浄力が高いものではなく低いもの!
これがめっちゃ大事です。

 

「洗浄力が弱いと、ちゃんと汚れを落とせないんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

そんなに洗浄力がなくても汚れは十分に落とせます。

 

そもそも洗顔料で落とさなければならないのは

  • 酸化した皮脂
  • 肌に残ったクレンジング剤

くらいです。

オリーブオイルを厚く塗りたくって、それを洗顔料だけで完璧に落とすとかだったら高い洗浄力が必要ですが、そんな状態になることはあまりないでしょう。

 

洗浄力の高すぎる洗顔料を使うと

必要な皮脂まで落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。

また、肌に必要な常在菌まで殺してしまうようなものですと、余計に肌荒れや乾燥が起こりやすくなります。

 

キュッとした洗いあがりが好きな方もいらっしゃいますが、それは洗浄力が高すぎて肌表面の皮脂が根こそぎなくなった上に、角質が薄くなってしまっている可能性があります。

角質はタンパク質です。
そしてアルカリ性はタンパク質を溶かすので、洗浄力が高い≒アルカリ性の洗顔料は角質も溶かします。
角質をすべてドロッと溶かすわけではありませんが、毎日使い続けると角質が少しづつ薄くなっていきます。

顔の皮膚は他の部位にくらべて薄いので、それがさらに薄くなるとバリア機能が弱くなります。

ですから、洗浄力が高い洗顔料は乾燥を招き、乾燥は敏感肌を招きます。

 

 

おすすめの石鹸

石鹸タイプは敏感肌には一押しというわけではないのですが…石鹸が好きな方向けにご紹介しておきます。

石鹸タイプでおすすめなのは、アレッポの石鹸。
表面は茶色で中身が緑っぽいという、見た目的には石鹸ぽくないやつです。

 

これですね↓

アレッポの石鹸 ノーマル (オリーブ石鹸)

 

おすすめする理由

まず第一に、材料がとてもシンプルです。
オリーブオイル(商品によってはローレルオイルも配合)と苛性ソーダのみ。

これが敏感肌の人でも安心できる点です。

 

最近は特に
「分子が大きいと肌に浸透しない!だから特別な技術で低分子化しました!」
みたいな商品が流行っていますが、敏感肌の人にとって低分子化されたようなものはちょっと避けたいところ。

なぜなら、敏感肌の人は外部からの刺激に敏感に反応するような状態になっているので、外から知らない分子が入ってきたら防衛機能が働きます。
つまり炎症を起こす可能性があるということ。

アレッポの石鹸は材料がシンプルであるが故に分子も大きいままなので、肌の内部に入り込むことがありません。

敏感肌の方にぴったりなのです。

 

オリーブオイルが主成分であるというのもポイントです。

オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれており、このオレイン酸には肌を柔らかくする働きがあります。
乾燥などで固くなった肌も柔らかくしてくれます。

 

また、手に入りやすいというメリットもあります。
この後に紹介するものはちょっと『その辺のドラックストアで買い物』みたいな感じでは買えなかったりするので。

手に入りにくいと、続けるのも大変になってきてしまいます。
なるべく続けやすいものを選ぶというもの大切な点です。

 

デメリット

アレッポの石鹸…というか、

  • シンプル
  • オレイン酸が多い

という条件を満たす石鹸のデメリットとしては

  • 泡立ちにくい
  • 溶けやすい

という2点があげられます。

 

多くの人が使っている石鹸は、泡立ちやすいように合成界面活性剤がふんだんに使われています。(つまり洗浄力がかなり高いということ)
そのもっちりとした泡に慣れていると、アレッポの石鹸の泡立ち加減は物足りなく感じるかもしれません。

 

また、オレイン酸は融点が低いために、お風呂場などに石鹸を置いたままにしておくとドロドロと溶けだすかもしれません。

デメリットを緩和する工夫

泡立ちに関しては、ハチミツを少し垂らすといいかもしれません。
ハチミツの働きでもっちりとした泡になります。
小さじ半分くらいの量のハチミツで十分です。
入れすぎると石鹸が薄まってしまい、逆に泡立ちにくくなります。

洗顔に使う前にパッチテストをしておいてくださいね。

 

また、泡立てネットなどを活用するのもお忘れなく!

 

溶けだしやすいという点に関しては、お風呂後には別の場所に出しておくのがいいかもしれません。
基本的に洗面所や台所などに置いておいて、お風呂に入るときだけ持っていく…というようにする手もあります。

 

または、先に石鹸を削っておいて、使う分だけをお風呂場に持っていく
という方法もあります。

私はおろし金で石鹸を削って、タッパーで保存。
使う分だけ小皿に出してお風呂場へ。
洗面器にお湯と石鹸を入れて溶かし、泡立てて体と顔に使っていました。
気分でハチミツも小皿に一緒に入れて。

 

 

弱酸性が肌に優しい

 

皮膚の表面は弱酸性です。
皮膚の常在菌が皮脂を分解して脂肪酸にしてくれるおかげで、弱酸性になります。

なんで弱酸性にする必要があるのかというと、体に悪影響を与える菌類が弱酸性だと繁殖しにくいからです。

石鹸などの洗剤系は基本的にアルカリ性です。
ちなみに先ほど紹介したアレッポの石鹸はアルカリ性の苛性ソーダを極力使わないようにしているので弱アルカリ性です。

常在菌も十分に活動していて肌が元気な状態だと、アルカリ性の洗顔料を使っても自然と弱酸性に戻りますから、あまり心配はありません。

しかし、アルカリ性に傾いている時間は外部からの刺激を受けやすくなるので、敏感肌で常在菌も元気のない人だと、アルカリ性の洗顔料を使うと刺激が強いことも。

なので、敏感肌の人は特に弱酸性の洗顔料をおすすめします。

 

おすすめの弱酸性洗顔料

おすすめなのはココイルボディソープという商品です。
『ボディソープ』とありますが、顔にも使えるものです。

 

こちらですね↓

ココイルボディソープ1000ml詰め替えパック

 

詰め替え用しかネット上で発見できなかったので…たぶん詰め替え用しかないのかな…?
まぁ、好きな容器に入れれば問題ないですね。

 

こちらの成分は目に入ったり、傷口についたりしても痛みにくいというほどに肌に優しいものになっています。

そして、脱脂力が抑えられているので、皮脂をとりすぎないというメリットもあります。

 

 

刺激があるかどうかを判断するポイント

私流のめちゃくちゃ雑だけどわかりやすいポイントをお教えします。

 

目に入って痛かったら刺激がある

 

研磨剤系のものや、DPG、アルカリ性のものなどなど…肌に刺激があるものは目に入ると痛いです。

洗顔中に泡が目に入って痛くなって、慌てて流してもめっちゃ痛い…
なんてことありませんか?

 

アレッポの石鹸は目に入るとちょっと痛いです。
弱アルカリ性なので、どうしても多少の刺激はあります。

ココイルボディソープは目に入っても痛くありません。

既に廃盤になってしまった商品ですが、むか~し昔に使っていたシュガーレディーのフェイスウォッシュも目に入っても痛くありませんでした。
当時使っていたものなどはわからないのですが、たぶん肌に優しい成分だったのだと思います。

 

石鹸だけでなく、化粧水なども目に入っても痛くないというのを一つの基準にするとわかりやすいですよ。
化粧水とオイルは口に入っても大丈夫というのも私的ポイントです。
私の化粧水は美味しいです。普通に飲める。

美味しい化粧水を作ってみたい人はワークショップへどうぞ
ワークショップのお申し込みはこちら

 

まとめ

敏感肌の人に一番おすすめなのは弱酸性洗顔料。
石鹸がいい場合はなるべく成分がシンプルなものを。

目に入って痛いものは敏感肌のときは避けるといいかもしれません。

 

 

関連記事

  1. 『愛される自分になる』簡単化粧水ワークショップ

  2. スキンケアで一番最初に見直す点

  3. メンタルの状態が体に出るって本当です

  4. 超敏感肌から抜け出すためのおすすめスキンケア方法

  5. 化粧水に刺激を感じる人はこの成分を見るといいかも!

  6. クレンジングのいらないコスメのすゝめ

  7. 水分補給ができる飲み物、できない飲み物

  8. 【徹底解説】恋するとキレイになる人とならない人の違いとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事